企業買収合併取引をインドで行うには?

インドM&A.com

インドM&Aとその利便性


インドM&A

グローバル化が進む現代において、国内はもちろん海外に向けたビジネス展開には常にスピードが求められ、その速さが将来的な成功のキーポイントとなっていると言ってもおかしくありません。

このようなスピード重視のグローバル化・ビジネス発展を背景に、企業の合併買収を意味するM&Aの規模と重要性も、日々大きくなりつつあります。 企業を取り囲む経済環境は急激な変化を得ており、企業存続をかけた競合他社との競争、差別化、柔軟性のある経営戦略が行えるというメリットがあるM&Aは、ビジネスを加速させるための有効な手段といえるでしょう。

とくに経済発展が目覚ましいインドにおいては、新規で事業設立を行うために整備、人材確保、販路確保などを始めから行うにはまだまだ困難という側面があり、場合によっては、多大な時間がかかることも考えられます。

このような進出時のもどかしい問題を解決できるのが、M&Aです。

スピードの速さに焦点を合わせて経営戦略を立てることができるため、スピード重視の進出企業の多くが積極的にM&Aに乗り出しています。


その反面、法律や税制度、会計制度・基準の違いにより取引が複雑なものとなるため、企業独自でのM&Aは比較的困難といえるでしょう。
このような場合に頼れるのがM&Aサポートに長けた進出・設立系の支援会社です。

支援会社といっても、会計事務所や設立代行会社、市場調査会社、マーケティング会社など様々。企業それぞれに得意分野があるため、M&Aサポートを検討する場合それらの中から自社に合うサービス提供をしている会社や、あらゆる面で信頼の厚い会社を選ぶ必要があります。


当サイトでは、インド進出またはインドでの起業経営において企業の合併・買収を検討している方向けに、インドM&Aに関する情報を提供しています。
是非情報収集や支援会社選びの参考にしていただければと思います。


M&Aとは


M&Aとは


インドM&Aとは

M&Aとは、Mergers(=合併)and Acquisitions(=買収)を訳したものであり、この名称の通り企業間の合併・買収のことを指します。

また、合併や買収の他に提携という形の処置もM&A取引の一部です。
M&Aを行うメリットとして、買収される側の企業(譲渡企業)は事業継続問題の解消、企業の発展・継続、社員の成長、また創業者の利潤確保。買収する側の企業(譲受け企業)にはリスクの少ない事業開始ができる、というものがあげられます。

譲渡企業も譲受け企業も、お互いの条件や展望に合った企業を選ぶ必要が。
相互的に重要な役割を担う、企業文化が類似しているなど、互いの条件に見合った企業を探す第一の過程をマッチングと呼びます。

大部分のサポートを行う「M&A支援会社」では、このマッチングというM&Aにおける重要なステップのサポートに長けているのです。


M&Aの基礎知識


傾向


インドM&Aの傾向

日本で「インドでの会社経営は難しい」と言われるように、インドでの会社設立はもちろんM&Aのステップ・手順の難易度は高い傾向にあります。

原因の一つとして上げられるのは、日本人とインド人、そして両方の経済の間にある大きな文化の違い。

文化の違いは、ビジネスの手法や進め方にも違いを生みます。
日本人から見た常識がインドでは全く通じない…という状況は非常に多く、独自でM&Aを行おうと思うと難しい環境が待っている場合がほとんど。

ひとつインドの企業との交渉例を挙げると、ゆっくりと時間をかけ続けて決めた事案を、契約成立直前になって相手側インド企業がぽっと出のアドバイザーの意見ひとつですべてなしにするというケースも存在するようです。
そのようなトラブル発生を未然に防ぐために、専門のM&Aサポート企業に支援を依頼し確実に合併・買収に乗り出す日系企業は多く、実際にインド企業を買収し、ビジネス展開に成功しています。


インドのM&Aについて


インドM&Aサポート会社


インドM&Aサポート会社

インドに対するM&Aのサポートを行っている会社が主に行うのは、会社売買における経営と財務のリスク発見、売手企業のリサーチ・レポート作成、参考情報の開示など、独自ではなかなかできない点でのサポート業務です。

また現地に支店を構える会社の場合、実際に売手企業との面談や交渉、ミーティングのセッティング等も行ってくれる場合もあり、企業買収をストレスなく進めることができます。
買収条件の確認の支援、クロージングまでのサポートも充実しているため、支援を依頼するメリットは独自で行う場合よりも大きいでしょう。
インド人オーナーや事業主との交渉は一筋縄ではいきません。

なぜなら、日本とタイの間には企業体質の違いがあり、交渉のペースがなかなか合わないためです。
インド側の企業の大多数が、オーナー自身に決定権があるオーナー企業(プロモーター)であるのに対して、日本企業のほとんどはリスクや財力のマネジメントを考慮するため意思決定に時間がかかる大組織になります。

相談から意思決定までの時間に差があることから、自身の力のみで交渉するとなればかなりの労力と時間を費やすことになるでしょう。


インドM&A支援会社について


買収プロセス


インドM&Aの傾向

通常、支援会社を介したインドM&Aの買収プロセスは以下のようになっています。


1.事前相談
M&A支援会社のサービス内容の確認、あらゆるリスクの検討・発見など

2.譲渡企業の検討・探索
企業買収・提携を検討している譲受け企業のニーズに合った譲渡企業を探索します。

3.情報開示
所定の秘密保持契約を行った上で詳細な情報を得ます。

4.会談・条件交渉
ターゲットにした企業との会談、条件の交渉を行い、提携形式または買収形態を具体的に決めていきます。

5.合意書の作成・締結
交渉を行って決定した制約を反映させた基本合意書の内容について支援会社から提案、その後作成。

6.デューデリジェンスの実施
デューデリジェンスとは、行為の結果責任を負う行為者に対して事前に行う正当な注意義務・努力のことを指し、M&Aを行う会社間の契約締結・最終調整において重要な工程のことです。

M&A支援会社では、専門のプロジェクトチームを組み、財務のデューデリジェンスに対応し、 企業間の買収条件について最終調整を行います。

7.クロージング
買収条件に従い、株券や受け渡すことになっているものを譲渡・買収します。



M&Aの手法について


インド経済について


インドM&Aの傾向

インドの経済といえばどのような情景を思い浮かべるでしょうか?

大きな川と祈りをささげる人々や、スラム街を思い浮かべて「貧困」というようなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしインドはそのようなイメージとは裏腹に、IT産業においてとても進んだ市場を持っている国なのです。

もともと数字と英語に強い国民性から、優秀なIT人材が輩出されることがとても多く、国全体がIGT人材教育に力を入れています。
また、産業については食料自給率が100%を超えており、国内の農地面積は国土面積全体の55%以上と占めており、世界第2位という記録が。


インドM&A



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP M&Aとは M&A事例 M&A支援会社について インドのM&A支援会社